「生き辛さ」を感じている方を支えます

お電話・FAXでのお問い合わせ

Tel.0466-77-9426

Fax.0466-54-9499

受付時間:9時~17時(土曜日9時~13時)
休診日:金曜、土曜13時以降、日曜

〒252-0821 神奈川県藤沢市用田2672

9:30~11:30
13:30~16:00

●訪問診療/〇外来
受診の際は診察券を受付にご提出ください。毎月初めの来院時には必ず保険証を受付にご提示ください。
勤務先、住所変更などに変更のあった場合は必ずお申し出ください。

  • facebook
  • instagram
  • MAP

訪問診療

フィードバック

デリソフターの開発元、GIFMOの森實さんがわざわざ来てくださいました。当院での使用実績や感想、問題点などをフィードバックしました。

8月の報告

8月のまとめをしていないことに今更気が付きました(^^;8月は恐らく今までで初めての「新患ゼロ」の1か月でした。紹介が1件も無かったのではなく、紹介いただいた方を全て断らざるを得ない状況だったというのが正直なところです。枠が完全にいっぱいなのです。受けたくても受けられません。 8月の特徴として特筆すべきは臨時往診が1か月で9件しかなかったことでしょう。うち休日往診1件、夜間往診2件、深夜往診1件は7月と変わりませんでした。往診が減ったのは全体的に状態が安定していた…からではなく、主に訪問看護から   続きを読む >>

デリソフター

ついにきました!デリソフター!! 早速使いたいという方が訪問先におりますので、相談したいと思います!

エアジャストポジショニングピロー

新宿食支援研究会の研修で知り、連絡を取って来て頂きました。早速本日訪問先で試してみます。

手作りの作品

訪問先で戴きました。世界に一つしかない、手作りのティッシュケースです。押し花で作られたようです。

誕生日プレゼント

訪問先に持っていく誕生日プレゼントたちです。7月は誕生日を迎える方が多いです。訪問診療している居宅の患者さんには誕生日プレゼントを訪問日に渡しています。年1回この日を迎えられてよかったねということで。生きている限り、お祝いされる機会がたまにはあってもいいでしょう。

6月の報告

6月が終わりました。訪問診療している方の数は4名増えて合計96名となりました。新規の方は7名、先月とは異なり病院、ケアマネ、患者家族、訪問看護と紹介元が多彩でした。訪問診療終了となったのは3名、うち自宅看取りが1名、施設入所が2名でした。  6月の特徴は臨時往診7件、夜間往診1件、深夜往診1件、休日往診ゼロ、電話再診3件といずれも過去最少となったことです。なんと2月16日以降休日往診をしていません。一方で定期訪問診療は過去最多となりました。重症者、ハイリスクの方の定期訪問の頻度を高くすることで良   続きを読む >>

Deli Softer(デリソフター)

6月11日夕方の時間を利用して、森實 将さんにお越しいただき「DeliSofter(デリソフター)」のデモを実施していただきました。1枚目の写真の中央奥に見える黒い機械がそれです。これは、様々な料理を舌や歯茎で押しつぶせるほどに柔らかくすることのできる調理器具です。原理としては圧力鍋と似ています。  この調理器具は食材を加工したり調理したりするものではありません。出来上がったメニューを、嚥下や咀嚼機能が低下した方向けに柔らかくすることが可能です。写真に載せたようなコンビニで売っている主菜や副菜を   続きを読む >>

5月の報告

5月が終わりました。新規の方が4名、お看取りが3名、入所が1名とプラスマイナスゼロで、全患者数は92名のまま変化なしです。今月お看取りした3名は、訪問診療開始当初は家で最期を迎えられるとは思っていませんでした。日常会話の積み重ねで相手の価値観や考えを知り、家族間の想いを知り、当たり障りのない話から深刻な話まで様々な話し合いを重ねた結果自宅で最期を迎えることができました。「家で最期を迎えるのは無理だろう」と決めつけずにその都度丁寧に話し合ったことがこういった結果に結びついたのだろうと思います。 ま   続きを読む >>

物々交換

先日とある訪問先に診療所で掘れた筍を差し上げたところ、お返しにということで自分で育てて収穫した里芋をたくさん頂きました。 煮てみんなで分けて美味しく頂きました。お互い農業に携わっていると物々交換する場面がしばしばあります。

食支援

少しずつではありますが食支援を行い始めました。これは管理栄養士が作った、その方専用のパンフレットです。 人によって食べ物の好き嫌い、使える食費、買いに行ける場所、調理へのモチベーションや技術などは異なりますので、食事に関するアドバイスは人によって異なります。「より元気に生きる」「食事が楽しい時間である」ことを目的として介入しています。

4月の報告

 4月が終わりました。新規が7名、訪問終了が4名(自宅看取り1名、施設入所3名)、合計患者数92名となっています。  4月の特徴として、1つ目に電話再診16件と普段よりも非常に多かったことが挙げられます。これは新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、状態が安定している方は訪問せずに電話再診にしたことが原因です。2つ目に往診が9件と非常に少なく、内訳も夜間往診1件、深夜と休日往診はゼロと大半が日中の往診だったということが挙げられます。休日往診は2か月連続でゼロでした。重症度の高い方などを毎週フォロー   続きを読む >>

お陰様で個人防護具は潤沢にあります。

様々な方からサージカルマスク、フェイスシールドが届きます。人の繋がりが大変ありがたく感じる日々です。

肺炎球菌ワクチン

自宅で過ごす時間が増えたので色々なデータの分析をし始めました。これは肺炎球菌ワクチン接種者のリストです。本日の時点でですが、居宅患者の約70%が肺炎球菌ワクチンを接種していることが分かりました(年齢や病状が非該当の方、終末期の方、今月新規の方は母数集団に入れていません)。65歳以上の肺炎球菌ワクチン接種率が30~40%程度と言われていることから、当院の接種率は平均よりもだいぶ高いことが分かります。また、今のところではありますが肺炎球菌ワクチンを接種していながら肺炎で命を落とした方は1人だけとなっ   続きを読む >>

マスクとフェイスシールドをいただきました。

下田商会の下田亮さんが、サージカルマスクとフェイスシールドを寄付してくださいました。大変ありがたいです。有事の際は人と人の繋がりのありがたみが身に沁みます。

Tel.0466-77-9426Fax.0466-54-9499

© ココロまち診療所 All Rights Reserved.