湘南地区リハビリテーション連絡会

11月20日(木)に湘南地区リハビリテーション連絡会で講師を務めさせていただきました。お題は「現在の地域医療における取り組みと課題~セラピストに伝えたいこと」でした。

前半は現在の地域医療における課題、そして当院がそれに対してどう取り組んでいるかについてお話しました。端的に表現するなら医療の質の定義とそれを高めるための取り組み(最期を迎えたいという希望がどれだけ叶えられているか、グリーフケアなど)、業務の効率化(ペーパーレス、ICTの活用、診療アシスタントなど)についてお話しました。

後半はセラピストに対してバイタルサインの解釈の仕方と健康生成論についてお話しました。バイタルサインに限らず数字一つで判断せず、たくさんの判断材料から総合的に判断し「人」を見ることについての大事さをお話しました。健康生成論についてはICFだけではなく、目の前の人が今後どう回復していくのか、また入院してしまうのかをどういった視点から評価して関わっていくのかについてお話しました。

セラピストに対してお話するのは今回初めてでした。このような機会をいただいたことに感謝致します。